対応している配信方法とは

セグメント配信で効果的なマーケティング

メール配信をするときに活用できるのがセグメント配信と呼ばれるものです。これはメールを多くの方に送る事ができるものと違い、特定の人にターゲットを絞って配信できるものです。ユーザー属性を考慮したマーケティングをしたいときに使えます。例えば40代をターゲットにしてメールを配信したり女性をターゲットにしてメールを送ることも可能です。特定の人物をターゲットにすると効率よくマーケティングをすることができるので集客をしたいときに使えます。セグメント配信は通常の一斉配信に比べてメールの開封率が高いというメリットもあります。およそ3倍近くの開封率を誇っているので効果的なメールマーケティングをしたいときに活用できるものです。

HTML配信を使って開封率をアップしよう

メール配信はHTML配信と呼ばれるものも用意されています。通常のメールは文章だけで構成されていますがHTML配信は画像や動画を添付する事ができます。これによりグラフィカルなメールを出す事ができるので、顧客は内容を把握しやすいのが強みです。特に食べ物を扱っている業者の方にHTML配信はおすすめできます。食べ物の画像をメールに貼り付けることにより視覚的に食べ物の情報が伝わりやすくクリック率が上昇します。基本的にHTML配信はクリックしなくてもメール内で情報を把握できる部分が強みです。お客さんからするとメールをクリックする手間を省く事ができるメリットもあります。またHTML配信はメールの開封率を測定できる強みもあるのでマーケティングにも利用可能です。